アパート7棟(54戸)と太陽光発電所120Kw保有で投資総額5億円 投資で得たキャッシュフローを海外で積立し12億円を手に入れる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、まもなく消費税がアップします。

5パーセント→8パーセントなので

3%のアップとなります。

駆け込みで需要が増えていますよね。

でもよく考えていましょう。

駆け込みで年度内に買い物したとしましょう。

たとえば

1万円の洋服なら300円お徳です。

2万円の財布なら600円

5万円のビデオなら1500円

10万円のパソコンなら3000円

20万円の液晶テレビなら6000円

100万の軽自動車なら3万円

200万の外講工事なら6万円

1000万円の自宅の改修なら30万円

3200万のマイホームなら96万円

6000万の収益アパートなら180万円

どうです?

同じパーセントでもどのあたりからお得な感じがします?

人によるかもしれませんが

ラブの感覚では1000万円あたりですかね。

不思議ですね。

1000万の支出に対する30万の追加支出はもったいないのに

1万円の支出に対する300円は全くもったいなく感じません。

同じ3%なのにみんな慌てて年度内に物品を購入したり

設備投資をするのです。

こういった話になると、どうせ購入する予定だったから

「購入時期がまえだおしになっただけだ」

と言われそうですが、本当にそうでしょうか?

私はほしいものは適正な時期に適正な価格でてに入れるのが

正しいと思います。

大概前倒しであわててエントリーしたら

割高なものを掴まされたり

本当は時期尚早であったりするとおもいます。

よって、今必要でないものは買うべきでないと思いますね。

来年必要なものは来年買えばよいのです。

1000万円あわてて購入して30万円得したとしても

恐らくそれ以上の損をしている可能性もあるのです。

本当に必要な時期が来たときには30万以上値下がりしているかもしれませんし

もっと優れた製品が出ているかもしれません。


所詮3%は3%でしかないのです。

1万円買った時の300円のお得感と

1000万円の買った場合の30万のお得感はおなじなのです。

ですから私は消費税増税には踊らず

粛々ととうしかつどうします。
関連記事

【2014/03/24 23:09】 | その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。