アパート7棟(54戸)と太陽光発電所120Kw保有で投資総額5億円 投資で得たキャッシュフローを海外で積立し12億円を手に入れる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


忘れた頃にやってきました。

今年運用を開始した

熊本の太陽光発電システムですが、

税務署から、

「太陽光発電設備等に係わる課税について」

と題した申請書が届きました。

すっかり失念してましたよ。

太陽光設備を設置したら必ず申請するわけではなく

条件があります。

概要は

10KW以上の発電量を全量売電する場合は、売電事業となるため

事業用の資産になるので

償却資産の申告が必要との事!

ただし、下記の条件を満たせば、

固定資産税の課税標準の特例が適用されるため

なんと、課税標準額が2/3に軽減されるようです。

1、対象設備

計算産業省による固定価格買取制度に認定を受けている設備
(ただし、家庭用10KW未満設備は除く)

2.適用期間

新たに固定資産税が課せられることになった年度から3年間

3.取得時期

H24.5.29~H28.3.31の期間に取得した設備

4.必要書類

経済産業省が発行する「再生エネルギー発電設備の認定書」



「電力会社との間で取り交わす特定契約書」

とまあ、こんな感じでした。

さて、じゃあ固定資産税はいくらくらいなのかな?

あした計算してみよっと

関連記事

【2014/12/20 00:45】 | 太陽光発電・蓄電池
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。